百人町アルファクリニック
病院紹介 院長紹介 院長のコラム 診療 お問い合わせ TOP

診療

診療 目もとの手術
手術を受ける際の知識とは
埋没法での重瞼術

埋没法は日本で考案された重瞼術で幅の狭い、自然な重瞼を作成することができ、傷跡が小さく目立たないのが特徴です。術後の回復も血腫を作らなければ1週間程度でおさまります。欠点としては、あくまでも糸の固定による重瞼なので、

1:はずれたりラインが浅くなったりする。
2:うわまぶたの脂肪の多い場合や、たるみが目立つ場合は希望する重瞼をつくりにくい。
3:左右の目の癖が重瞼に現れやすい。
4:人によっては違和感が残る場合がある。
5:術後約1週間はコンタクトレンズが使用できない。

等です。固定する部位は1ヶ所から3ヶ所が一般的で、当クリニックでは2ヶ所で固定しています。

糸がはずれない様にするための固定の方法にはいろいろ工夫があります。埋没法がはずれ再手術を行う場合、前回の糸は出来るだけ取り除くことが望ましいと考えていますが残っていても支障は生じません。


【手術例】

右側は二重で左側が一重の例です。左の重瞼を右にあわせて作成しますが、このような幅の狭い重瞼は埋没法の最も適応とするところです。手術直後の腫れは反対側の約2倍くらいですが、1週間もたてばほとんど自然な状態に落ち着きます。



切開法での重瞼術

切開法は傷跡がつくという理由で敬遠されがちな手術ですが、上まぶたの脂肪の調節、弛んだ皮膚の切除、目頭の修正など重瞼における多彩な調整が可能です。その分医師の技術や知識により仕上がりに差が出てくる手術でもあります。埋没法と違って腫れが落ち着いてくるのに2-3ヶ月かかります。侵襲の強い手術に見えますが、埋没法と違ってまぶたの中から糸を通す事をしませんので、手術による眼球への影響はありません。出血があった場合もしっかり止められるという利点があります。適応は、埋没法を何度も繰り返し行ってもはずれたり、求める重瞼にならない場合、目尻が下がってたるみを生じた場合、あるいは上まぶたの脂肪が多すぎて埋没法だと厚ぼったい二重になってしまう場合等でしょう。切開法の再修正は難しいと言われていますが、大きな二重を小さくする事以外は特に問題ありません。但しどうしても抜糸という処置をしなければなりません。


【手術例】

切開法で行った埋没法です。落ち着くのに3ヶ月を要しましたが、手術の結果は埋没法と比較しても自然さにおいて変わりはありません。



目が開けにくい(眼瞼下垂)

まぶたを挙げる筋肉である眼瞼挙筋が何らかの原因で機能低下、あるいは消失した場合を眼瞼下垂と言います。生まれつきや加齢、目の使いすぎ等が原因で起こります。目を開けるときに常に眉毛を持ち上げるので、おでこに皺ができます。現在では眼瞼下垂が続くと頑固な肩こりや頭痛などが起こると報告されています。このような状態でいくら重瞼の手術をしても美しい重瞼ラインを作成する事は出来ません。眼瞼挙筋の短縮と併用した重瞼術が必要です。


【手術例】

他院で2度切開法による重瞼術が行われていますが、ラインがはっきりしないという事で来院しました。左3mm, 右5mmの挙筋短縮術を行いました。眠そうな目が活力のある状態になっていることがわかります。



目頭と目尻の切開

目頭や目尻の手術は目の印象を変える為の特殊な方法です。

目頭修正(内眥形成)

東洋人に多く見られる蒙古ひだ(目頭の皮膚が被さっている状態)の修正です。蒙古ひだが発達すると、目が細くきつい印象に見え、鼻の低い場合は目が離れて見えてしまう原因にもなります。手術は被さった皮膚の処置による方法と目頭についている内眥靱帯を短縮する方法などがあります。いずれの方法も目頭の皮膚が赤くなりやすく、重瞼の切開と違って傷が見えてしまうという欠点の為、化粧の出来ない男性や神経質な方には勧められません。
どうしても傷をつけずに目頭を広げたい場合は、鼻根部を高くすることで間接的に蒙古ひだを改善させることも出来ます。

この方法は目頭をWに切る方法(内田法と呼びますが)に目頭の靱帯(内眥靱帯)を短縮する方法の併用です。手術後14日目の状態でも目頭の皮膚は腫れているのが分かります。

目尻の切開(外眥形成)

目尻の切開には極端なたれ目を修正する目的の場合と、目の長さを長く見せたい場合の手術があります。たれ目の手術は目尻にある靱帯を移動させるものです。その応用としてあかんべーとなっている下まぶたを修正することも出来ます。切れ長の目にするために目尻を切る手術は睫毛の関係上3-5mm程度広げることが限度でしょう。重瞼と併用する場合と単独に行う場合があります。



重瞼切開法に目尻の切開(外眥形成)を4mm行いました。目の印象が変わると眉毛、鼻との関係も微妙に変化していることが分かります。


二重の幅を修正したい


うまく二重にならないとき

せっかく手術をしても二重にならない場合があります。術者の技術的な問題から起こる場合は、埋没法では必要以上に大きな二重を作った場合(埋没法で瞼板軟骨上縁部-睫毛から10mm前後の二重を作成すると、ときにまぶたがうまく挙がらない場合が起こります。これを専門的には偽性眼瞼下垂と呼びます。)あるいは糸の固定が不十分の場合等です。切開法では皮膚の切除や脂肪の切除が不適切であった場合に切開線とは違う場所に二重のラインが出来ることがあります。

その他に眼瞼下垂(詳細は眼瞼下垂の項を参照)があるのを知らずに重瞼術を行った場合があります。この場合は二重を作成出来る位置までまぶたが挙がらないのが理由です。年齢てきな理由としては、上眼瞼の脂肪が減少して、二重のラインより眼窩の骨のラインが目立つ場合等があります。もちろん普通に手術を行っても、埋没法の場合は年齢が進むにつれて幅が狭くなったり浅くなったりしますし、切開法で重瞼を行ってもはずれることもまれにあります。

 

ページのトップへ戻る
Copyright (C) 2002 alfa clinic All Rights Reserved. 東京都新宿区百人町2-9-14 ミズホアルファビル3F
※土・日・祝日も診療しております
電話受付:年中無休(完全予約制) AM11:00〜PM7:00
Phone:03-5389-6677  03-5389-6777
Fax:03-5389-6745