百人町アルファクリニック
病院紹介 院長紹介 院長のコラム 診療 お問い合わせ TOP

診療

診療 若返りとは
手術を受ける際の知識とは
目の若返り(うわまぶたのたるみを取る)

重瞼ラインからのアプローチ

うわまぶたの若返りはふたえまぶたのライン(重瞼ライン)から余分な皮膚を切除する方法が一般的です。この方法は最も適切と思われるふたえの幅を決め、その上の余分な皮膚を切除していく方法で、時には老化や目の過労によって起こっている眼瞼下垂(まぶたを挙げる筋肉が弱くなって充分にまぶたを開くことが出来ない状態)の手術を加えることもできます。

ふたえのラインから手術することで問題があるとすれば、たるみが生じているのはまぶただけでなく、眉、おでこも同様な状態が起こっている事です。その為、目と眉との間がかなり狭くなりやすいこと。またうわまぶたの皮膚は眉に近づくにつれて厚くなるので皮膚が余ったからといってたくさん切り取るとむくんだようなふたえになりやすいことです。

この事を考えるとふたえのラインからの皺取りは控えめに行うか、おでこや、眉のつり上げと同時に手術することが良い場合が多いです。


目の若返り2(したまぶたのたるみを取る)

目の下の老化には眼輪筋のたるみによる眼窩脂肪の脹らみと皮膚の老化による皺があります。目の下の脹らみは、遺伝的な場合や職業上目を酷使する場合にも生じますが、皮膚の緊張が比較的良好な場合は瞼板粘膜下で切開を行い脂肪のみを除去します。傷跡が見えないのが利点です。皮膚のたるみを伴う場合、あるいは皺の治療も必要な場合はまつげの下縁を切開を加えます。皮下、眼輪筋下の2層で剥離する場合と眼輪筋下のみで剥離する場合があります。皺が多い場合は2層で剥離します。筋肉を目尻の部分で短縮し下瞼にある程度張りが出来るようにします。1週間はテーピングによる固定を行います。


頬、首のたるみについて

 

小皺の治療(目尻、眉間、口の周囲)


顔全体の若返り(フェイスリフト)

フェイスリフトとは小皺というよりも弛みや深い皺を対象とした手術で全身麻酔で行います。若返りの対象は(頬と頚部)、(目尻からこめかみ)、(眉、上瞼 前額部)に分けられます。頬と頚部はどちらかと言うと弛みが主体となり、スマスと呼ばれる皮膚の下にある組織を引っ張り項頚部、耳前部の安定した組織に固定します。この手術は皮膚の切開や皺の取り方も様々の種類があり術者の技術によって結果がかなり異なります。傷跡は出来るだけ目立たない部分に加えて行きますが、全体的に長くなるので、ケロイド体質や感染しやすい方(導尿病などの既往がある方)にはあまりすすめられません。また、鼻唇溝まで引き上げたいと思う場合はかなりの技術を必要とします。(目尻からこめかみ)を引き上げる事で得られるメリットは目尻の下垂を改善するだけでなく、目の下、頬の上部もリフティング出来ることです。単独で行う場合はミニリフトと呼ばれますが、一般的にはフェイスリフトの手術の際、同時に行います。但しこの部分はスマスにあたる組織が顔面神経との位置で十分に使用できない為、頬ほどしっかりあげることが難しいです。

(眉、上瞼 前額部)は弛みというより下垂として現れますが、手術はおでこを引っ張る事で対処します。その為、おでこの皺も改善するメリットがあります。また眉間の皺に関与する筋肉を取り除くことやおでこの形を調整することもできるという利点があります。しかし、眉の挙上が内側と外側で微細に調整しにくいため、引っ張りすぎるとへの字型の眉(眉間部が上に上がった眉)になります。髪の毛の中ではありますが、長い切開線が残るという欠点もあります。内視鏡を使用しておでこや眉をつり上げる方法も報告されていますが、後戻りが多いような印象を受けます。これら全部を同時におこなうこをとトータルフェイスリフトと呼びます。注意してほしいのはフェイスリフトはあくまでもたるみや大きな皺を対象としたもので、目の周りのしわや、口唇、口角部の皺、鼻唇溝の皺などにはあまり効果がないことです。



したまぶたの皺取りに失敗した場合

 

ページのトップへ戻る
Copyright (C) 2002 alfa clinic All Rights Reserved. 東京都新宿区百人町2-9-14 ミズホアルファビル3F
※土・日・祝日も診療しております
電話受付:年中無休(完全予約制) AM11:00〜PM7:00
Phone:03-5389-6677  03-5389-6777
Fax:03-5389-6745